おすすめ投稿

クレジットカードのメリットデメリット

クレジットカードはとても便利です。
クレジットカードを用いた買い物などに慣れてしまうと、以前のようには戻れなくなるかもしれません。
以前はどうやって買っていたのか思い出せなくなるほどです。これからもクレジットカードを賢く活用していきたいですね。
ですがもちろん良い話だけではありません。クレジットカードが持つメリットとデメリットをきちんと把握しておくことが大切かもしれません。


クレジットカードのメリット

インターネットを用いた買い物がとても楽になります。代引きの手数料、振込手数料などがいっさいかからず、その手間も省くことができます。
オークションサイトでも同じことが言えます。
他にもポイントがたまる場合があり、このとき溜まったポイントも買い物で利用ができるのでとても便利です。
カードで決済するオンラインのサービスも多く存在するので、その場合にも利用できる利点があります。
海外での高額の取引ではクレジットカードしか利用できない場合もあります。


クレジットカードのデメリット

審査に通らないと利用できないというのがあります。年齢や年収や職種など細かいチェックがあり、個人の信用度を測ります。
また、大きいのはお金を使いすぎてしまう。というのがあります。
お金を使っている気が薄くなるので、計画的に使わないと最悪自己破産ということになってしまいかねません。

≪比較サイト≫
おすすめクレジットカード・・・・何百種類もあるクレジットカードの中からおすすめのランキングを見て比較することができるホームページ!

おすすめ投稿

クレジットカードでたまには贅沢を

普段の生活の中で、たまには少しだけ贅沢してみるのもいいと思うんですけど、どう思いますか?
贅沢と言っても、個人によりけりだとは思いますが、例えば何か美味しいものを食べるとか旅行へ行くとかでもいいんです。
普段頑張っている自分や家族の為のご褒美としてクレジットカードを利用するのも、アリなんじゃないかなと思うんですよね。
欲しかったものを購入するのもいいですが、近年では旅行先で使っている人も多いみたいですよ。

PR>>>ガソリンカードランキング(旅行へ車で行くのなら、ガソリン代もかなり掛かります。そういった際に「ガソリンカード」を持っていれば、お得にポイントをためながら給油をすることができます)


クレジットカードを使い分ける

カードを何枚か持っている人は、その目的によって使い分ける方がいいのかもしれません。
そのクレジットカードが一番力を発揮してくれることに利用して、有効活用させていけば楽しいカードライフが味わえます。
これも人によりますが、平均的に一人2枚クレジットカードを持っているらしいので、少し多めに持つのがいいかもしれませんね。
メインカードとサブカードの2枚を持ち歩いて、その都度使い分けている人が多いのだそうですよ。


一度に何度まで申し込める?

では、カードの申し込みは一度に何度まで申し込めるようになっているのか、皆さん知っていますか?
1ヵ月に3~4社申し込んでしまうとブラックリストに載ってしまうので、注意して下さいね。
申し込むとその情報が信用情報に登録されるので、あまりにも多すぎると審査で落とされてしまいますよ。

クレジットカードを持ち歩くならこんな点に気を付けよう!

もうクレカを何年も使っている方であれば勝手もわかってきて、日常生活の中で役立てることが出来ます。
しかし、初めてクレジットカードを持ち歩くという方は使い勝手もまだ分かっていないため、色々と知らないこともあるでしょう。クレカを持ち歩くのであれば、カードの裏面にある署名欄にきちんとサインをするようにしましょう。なぜサインが必要なのかというと、盗難にあって悪用されてしまった時に保険が適用されるからなのです。自分以外の人物が悪用しようとした場合、クレジットカードに記入されているサインとは別のサインをしてしまうと、本人ではないという事が分かるようなっています。ちなみに、サインはひらがな・カタカナ・ローマ字など様々な字体から選べるため、非常に便利。海外旅行へ行くことを視野に入れて、ローマ字でサインしている方も最近では増えてきています。


-クレジットカードのリボ払いは避ける-

クレカでお会計を済ませる時にリボ払いを選択している方も見られます。
毎月一定の金額の支払いになるためとても便利で負担が軽いと思っている方も多いはず。ですが、リボ払いは金利や手数料が高くなっていますから、実は利用した金額よりも遥かに高くなってしまうという可能性も秘めています。返済期間を延ばしている事と同じですから、クレジットカード初心者はリボ払いではなく、一括払いもしくは分割払いにしておくようにしましょう。金銭感覚も次第に麻痺してきてしまうので、返済方法には必ず目を通して、自分が無理なく返済できる方法を選ぶようにして下さいね。感覚がおかしくなってきてしまう恐れもありますから、リボ払いは避けた方が良いでしょう。これはクレジットカード初心者に対してというより、クレカを利用するすべての方に気を付けていただきたいことだと言えます。


-キャッシング枠を使い過ぎない-

クレカはショッピングなどの時しか利用できないのではないか、そんな風に考えている方も実はまだ多いのだとか。
クレジットカードはショッピング等だけではなくて、実はキャッシング機能もついています。そのため、金銭的に困った時にはお金を借りることが出来るのです。このキャッシング枠はもともとくっついている場合もありますし、嫌だったら切り離すことも出来ます。どちらの方が自分に合っているのかしっかり考えて、キャッシング枠の有無を考えてみて下さい。中にはクレジットカードそのものではなくて、キャッシング枠に頼ってしまうという方も居ますから気を付けましょう。必要以上に使い過ぎてしまう事の無いように、限度額を低くしておくとかクレジットカードから切り離してしまった方が良いです。この点は審査にも影響してきますので、充分気を付けるようにして下さい!

クレジットカードの審査で気をつけなければならないこと

便利で何かと使い勝手の良いのがクレジットカードです。
申し込むことに決めたけれど、何に気をつけたらいいのかよくわからないという方はいませんか?
申し込みのときに気をつけていただきたいのは次のことです。


-クレジットカード会社からの電話をちゃんと取れるようにしておく-

現在の金融機関の中には、クレジットカードやキャッシングなどが店頭窓口に直接行かなくとも借入から審査を経て利用できるような、インターネットで完結するサービスもあります。
そういった方法で申し込みをした場合に、本人確認の電話は出られるようにしておいてください。
本人確認が取れないとわかると、クレジットカード会社は、返済が延滞した時などもしもの時に連絡がつかない方と見なしてしまいます。
同じように在籍確認の電話も、忙しくてもちゃんと出られるようにしておきましょう。


-原則嘘はつかない-

なぜ原則なのかというと、自己申告制の場合は多少のズレがあっても通ることがあるからです。
もちろん、年収や勤続年数を本来の数の倍などかけ離れた書き方をすれば審査は通りません。
ただし、収入証明書の提出を義務付けられている場合は絶対にばれますので、誤字脱字もしないように気をつけましょう。

身内のクレジットカード利用を停めたい

近年になってから、身内がカードを好き勝手に使ってしまい返済できなくなってしまっているという事が多々起きているようです。
その使っている本人名義なら責任もその本人なので関係ありませんが、もしそれが自分名義のクレジットカードだったら。
契約している以上支払い義務は自分にあるわけですが、二度とそんなことが起きないように利用停止したいと考えている人もいるはず。
ですが、残念ながらクレジットカードを利用停止するには解約しなければならないのだそうです。


クレジットカードは解約する以外方法ないの?

解約しなければ利用停止にはならない・・・他に何か方法はないの?と思った人もいますよね?
実は、クレジットカードは解約をしなくてもカード番号を変更してもらうことが出来るみたいなんですよ。
ですから、もしカード番号を知られていて勝手に不正使用されている人がいれば、カード番号を変更すればいいんです。
紛失してしまったと言って、新しくクレジットカードを発行してもらうと言うのもいい方法だと思います。


対処の仕方を覚えよう

せっかく申し込みをして、審査に通ってから手に入れたカードですから、きちんと管理するようにしましょう。
いざ何が起きても大丈夫なように、こうなってしまった時にはどうすればいいんだろう?と色々調べておくことをオススメします。
一番いいのは、クレジットカードを発行してもらっても自分以外誰にも情報を教えないことなのかもしれませんね。

他人が自分のクレジットカードを使ってしまった!

皆さんの中にもカードを持っている人がいますが、きちんと管理することは出来ていますか?
管理をしっかりしなければ、いざという時に困ってしまいますからクレジットカードは厳重に管理することが求められます。
もし、自分のクレジットカードを他人が使ってしまったら、支払い義務は自分にありますので気を付けるようにしましょう。
たとえ、その利用者が身内だったとしても契約しているのは自分なので、請求が自分に来てしまうのだそうですよ。


クレジットカードは家族でもダメ?

例えば勝手にカードを使ってしまったのが家族だったとしても、支払い義務は自分にあります。
クレジットカードの利用規約によれば、家族でも自分以外は他人扱いになるとの事ですから、貸し借りも禁止となっています。
名義が自分になっている以上、支払いませんとは言えませんから、しっかりクレジットカードを管理することが大切なんです。
そう言ったことが起きてしまわないよう、普段から自分で持ち歩くなど対策をしておきましょう。


申し込みについて

申し込みをする際、自分の名前ではなくて家族の名前を使うと言うのは、決してしてはいけないことなのでやめましょう。
書類に嘘を書いてしまうと、それは虚偽申告になってしまうので罪に問われることになってしまいます。
審査に落とされてしまう原因にもなりますので、きちんと自分の情報を書き記しましょう。

悪質なサイトでクレジットカード決済をしない

近年では、悪質なサイトや業者が増えてきているため、個人の警戒心が問われるようになってきています。
簡単に騙されてしまわぬよう、どんなふうにして騙してくるのかなど事前に情報を集めるようにしましょう。
最近増えているのは、ネットショッピングでのクレジットカード決済による被害なんです。
悪質なサイトでカード決済をしてしまい、情報を知られてしまって被害に遭っている人も多いんだとか。


クレジットカード決済は確認してから

通販サイトを利用しているとカード決済の方が助かります、とかその方法でしか注文が出来ないこともあります。
クレジットカード決済と言うのは、カード番号や名前を入力しなければいけないので、簡単に知られてしまいます。
信頼できる場所でのお会計なら問題ありませんが、最近では悪質なサイトが増えてきているから充分気を付けましょう。
クレジットカードのショッピング枠を現金化とうたっている場所もありますが、会員規約で禁止されている場所もあるので確認を。


審査は甘くない

カードを申し込むには自分について確認されることになるのですが、きちんと確認してもらいましょう。
女性向けのクレジットカードもありますが、だからと言って審査が緩いとか甘いと言うわけではないので注意しましょう。
事前に審査の事を調べるようにした方が、安心して申し込みが出来るのではないでしょうか。

学生はクレジットカードを避ける?

学生専用のカードも出てきていますが、すでに持っている人も結構いるみたいですね。
確かにクレジットカードは1枚持っていると便利ですが、学生はもう少し持つことを遅らせてもいいような気がします。
学生には学生の付き合いがあったり、学費があったりして大変なことはわかりますが、早いうちから使ってしまうと癖になりかねません。
自分をきちんと律することが出来る人であれば問題ないですが、ルーズな人もいますので注意が必要です。


クレジットカードを持つ最適な時期とは?

学生でカードを持つのは早いと言いましたが、それならいつ作るのがベストなの?と思った人はいませんか?
クレジットカードはランクごとに決められた基準があり、キャパシティ・キャラクター・キャピタルの3Cなんだそうです。
問題なくこの3つを満たせるようになった時が、カードを作るのに適している時期みたいですよ。
新社会人として働いて稼げるようになれば、申し込みをしてもいいのではないでしょうか?


便利だからこそ気を付けたい

カードは本当に便利なもので、お会計の際に提示すればその品物の代金を支払えるようになっています。
そのため使い過ぎてしまうと言う人もいますが、使った分だけ後から返済しなければいけないので、気を付けるようにして下さいね。
ちなみに、学生だからと言って審査に通れないという事は無いので安心して下さい。